​JP
1/1

ANIMA

– Memorial Service

Year / 2019

家庭や店から日々排出される残菜等の食料廃棄物から制作した器。2018年に発表したAnimaプロジェクトを引き続き発展させている。

 

命を粗末に大量消費している現代。この器で物を口にするとき何を思うか。自然との繋がりを見つめ直す為の器。

 

素地から全て残菜と漆を混ぜ合わせた物で出来ており、内側には手の跡を少し残してある。漆芸には食品を用いる技法があるが、その食品との関係性を現代の文脈で捉え直した。

 

器の黒さは漆の酸化や主素材の残菜を炭にしたものに由来するもので黒漆は使用していない。炭にしていない残菜を用いたものも制作しているがその場合色味は黒に近い深い茶色となる。

-

Concept, Design, Research and Development, Production: 荒木 宏介

 

-

第22回ミラノトリエンナーレ 'Broken Nature: Design Takes on Human Survival' 出展作品。(展示キュレーター: パオラ・アントネッリ氏 / MoMA建築・デザイン部門シニアキュレーター)

10月20日までロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)にて開催されている展覧会 'Food: Bigger than the Plate' においても展示が行われております。そして、それら展示されている作品がV&Aに永久所蔵されることが公表されました

1/1
1/1
1/1
1/1
1/1
1/1
1/12

© 2013-2019 ​KOSUKE ARAKI