​JP
1/3
1/2

ANIMA

Year / 2018

Animaは地域の食料廃棄の現状をドキュメントとしてまとめたプロジェクトFood Waste Ware (2013)を漆を用いながら発展させた作品。日々排出される食料廃棄物を素材に食器類を制作した。

私たちは食べることで生きているが、それは他の生き物の命を頂いているということである。しかしながら、食事をするときにそのことを強く意識している人は多くはないように思う。そのような想いを欠くことで、私たちは直接的にまたは間接的に家庭や産業規模で日々膨大な量の命を廃棄している。飽食で食べ残しが何とも思われず単なるゴミとして捨てられる様子は非常に悲しい。

試作実験を行う一方で、2年間にわたり自宅から排出される残菜の量を記録した(2~3人分)。野菜屑、卵殻、貝殻、骨など食べられない部分のみによるものだがそれでもその総量はおよそ315kgもあった。

器の黒さは漆と主素材である残菜を炭にしたものに由来する。残菜の炭等と漆とを合わせ形を成型しており、素地から全て残菜を用いて作られている。前作と比べ漆の使用により実用強度が加わるとともに黒さがより一層深いものとなっている。

伝統的に漆工芸は食材と近い関係にある。例えば漆の粘性を高めるために米、豆腐、卵白などを加える技法があるが、これにはそもそもは食べ残された食材が用いられていたのではないかと推測される。この食材との関係性を現代的な文脈において再解釈することで、漆工芸に新たな側面を与えられないかとも考えた。

店や家庭の食卓から排出されたものが姿を変え改めて食卓を彩るものとして並ぶ。その上には新たな食材が盛り付けられる。ある種の輪廻転生の様な循環が生み出す食卓の風景は私たちにどの様なことを考えさせるだろうか。この作品が日々の食習慣、食にまつわる様々な事柄に改めて考えを巡らせるきっかけとなれば幸いである。

-

​Concept, Design, Research and Development, Production: 荒木宏介

-
AnimaFood Waste Ware はドイツのベルリンにあるKunstgewerbemuseum (Museum of Applied Arts)で開催された展覧会 Food Revolution 5.0 - Design for the Society of Tomorrow にて展示されました。その企画展が2018年の12月よりスイスのウィンタートゥールという都市にあるGewerbemuseum Winterthurに巡回いたしております。機会がございましたら是非ご高覧くださいませ。

1/1
1/1
1/1
1/1
1/4

These photos (above and below) are documents of how much food was discarded from food markets, shops or my kitchen on a daily basis.

 

The food market attracts people because of its liveliness and freshness, and people visiting it do not care much about how much food is wasted.

© 2013-2019 ​KOSUKE ARAKI